仮想通貨ウェイブ

クローバーコインの購入方法

クローバーコインはどこで購入することができるのでしょうか。実はこのクローバーコイン、その詳しい購入方法については情報が公開されていません。

いったいどこで購入することができるのか?

実は48(よつば)ホールディングス株式会社(取締役会長:淡路明人)などが設ける説明会に参加した人でないと、購入方法すら教えてもらえないというのが現状です。
手数料がどの程度発生するのか、そういった点も正直なところわかっていないところが大半というわけです。

日本の取引市場にも出回っていないものなので、不確かな所も多いのですが、クローバーコインは一口あたり3万円の値段で取引がなされていることはわかっています。
この3万円という単位でクローバーコイン6000枚を購入することが出来ますが、このコインが実際にどの程度の価値があるのかは実際問題、わかりません。日本の市場にも出回っていないため、銀行などでも比較が出来ないわけです。

他のポイントや通貨であればコンビニなどでも購入が可能ですが、クローバーコインはそういうわけにはいかない、この点は大きな特徴として挙げられます。

どうやって儲けをだすのか?

購入方法すら不確な部分が多いクローバーコイン、一体どうやって運用していけばいいのでしょうか。
実は、このクローバーコインの購入額3万円のうち、60パーセントの18000円は紹介報酬として充てられています。
後の20パーセントは運営費、そして残りの20パーセントがリップルへの引き換えが可能な数字となります。

リップルをためて儲けるというよりも、紹介報酬に重きを置いて運用していくのがクローバーコインの特徴です。
購入方法も説明会に参加した人だけにしかわからないという点、紹介によって利益を上げていくスタイル、悪い言い方をすればねずみ講のような形式でその購入者を増やしていくわけです。

一人紹介すれば、その人が購入した口分の60パーセントが自分の報酬となり、その人がさらに紹介者を増やせば自身の収入はさらにアップしていきます。
紹介する人を増やせば増やすほど、得られるメリットはより多くなっていくというわけです。

クローバーコインの評判について

クローバーコインの評判について、実態は先に挙げたように明らかにされていない部分が多く、評判についても同様です。
実際にコインを購入した人でないとその良し悪しは判断することが出来ませんが、こうした人たちは企業秘密となる情報を外部にはあまり漏らさないものです。

必然的にクローバーコインの購入方法を含めた情報はさらにわかりにくいものになっていき、怪しいものなのではと不安を感じる人も出てくるわけです。
実際問題として、日本の市場に出回っていないコインなので信用に足るものなのかと聞かれれば、一概にそうとはいいきれません。

確かに、仮想通貨であるリップルと引き換えができるという点に関しては魅力に感じる部分も出てきますが、それだけで購入に踏み込めるだけの要素があるとは言い切れません。
ネット上の評判も、こうした不確かな情報が多い分、悪い意見も含まれてくることになります。
もしも購入を検討している人がいる場合には注意しておくに越したことはありません。

クローバーコインの実用性について

クローバーコインは先に挙げたように100パーセント信用できるものかと言われればそうではありません。
そもそも取引所や購入方法が明確ではない事、公開されている情報が極端に少ないことを考えると、怪しいと感じてしまう人も多くなってしまいます。

しかも、クローバーコインを扱っていく際には紹介者を募るねずみ講のような手法が用いられています。
こうした紹介制のシステムもクローバーコインの怪しさを助長している要因になっているわけです。

もちろん、だからといって絶対に信用できないと断言できるわけではありません。
やはり実際に購入してみて、運用してみないことにはその良し悪しはわかりませんし、もしかすると運用次第では莫大な利益を生むことができるかもしれません。
長期運用という目で見れば、仮想通貨自体のリスクが高くなってしまいますが、より短いスパンで資金運用をしていくというのであれば利用してみるに越したことはありません。
まずはお試し感覚でその内情を把握してみるというのも一つの手です。