仮想通貨ウェイブ

イーサリアムの「売り時」と「買い時」

イーサリアムとは仮想通貨の一種で通貨単位は「ETH」と呼ばれています。イーサリアムを取り扱う取引所は非常に多く、特徴もビットコインとは大きく異なります。簡単に説明すると「独自アプリケーションを開発するためのプラットホームの役割を担っています」。ここではイーサリアムの売り時や買い時の解説を致します。

相場が暴落した時は買い時です

日本だけでなく世界中で注目されている仮想通貨の市場規模はイーサリアムだけでなく他のものも拡大しており、暴落しては元に戻るというパターンを何回も繰り返して価格は少しずつ上昇していきます。

市場に流れるお金もどんどん増えていっているので、一時的な暴落はありますが、次第に底値を上げていき市場は大きくなっていきます。

そういう理由から大きく値を下げている時はチャンスなので、沢山の人が売りに出ている時に上手に買い増す事が出来れば価格が戻った時に利益を得る事が出来るので、相場が大きく落ちた時は買い時です。

悩んだ時は買い時です!

価格が下がっていない時にいつ買おうか迷いがちですが、迷った時はまさに買い時です。

イーサリアムのような新しい市場は拡大を続け資金も沢山入ってきます。
悩んでいて後から後悔するのではなく、早く決断をしたほうがそれだけチャンスもまわってきて利益を得る確率も高くなっていきます。
周りが悩んでいる時に損を恐れずにいち早く身銭を切り投資を行う事によって、日々の相場にもより注目するようになり相場観も身についていくのでとにかく迷ったら買い時です。

思ったより上がらない場合は売り時です

価格が上がると見越していたが、期待していたより上昇率が少なかった場合は思い切って売ってしまっても良いです。

もちろん今後価格がもっと上がる事を期待してひたすら待つという事も一つの方法ですが、仮想通貨はイーサリアムだけではなく沢山あるので、今持っているものを手放して他の通貨に買い換えたり、数種類の通貨を持つというのもリスクが減るので良い方法です。
もちろん売る時は手数料がかかってしまうのでそこで損をしないように気をつける必要があります。

上がり続けている時は売り時です

相場が急騰したり上がり続けている時にいつ売ろうか決められずに悩んでしまう人も少なくないですが、自分の予定額より高い額に達しているのであれば売り時といっても間違いではありません。
まだまだ上がるかもしれないと欲を出してしまうと市場もまだまだ不安定なので一気に急落し損をしてしまうという事も充分に考えられるので、チャートの推移をしっかりと見ながら上がっている時に冷静になってきっちりと利益を確定するという事も大切です。