仮想通貨ウェイブ

ビットコインに迫る仮想通貨「イーサリアム(Ethereum)」、特徴や利点

イーサリアムとは、ロシア出身のヴィタリック・ブテリン氏が19歳の若さで考案した、土地取引を始めとする各種契約用途で活用できるプラットフォームのことです。
このプラットフォームの内部通貨として開発された「イーサ(Ether)」が、われわれが呼ぶところの「イーサリアム」となっています。

仮想通貨単位はETH、時価総額は3兆2千億円、現在の時価総額はビットコインに次ぐ2位となっています。
2016年12月から翌年7月にかけて、半年間で40倍もの価格上昇を見せたイーサリアムですが、最大かつもっとも有名な特徴として、コインの取引に売買契約を載せられる「スマートコントラクト」機能を持つ点が挙げられます。

「スマートコントラクト」機能

たとえば、イーサリアムを使うことで、不動産取引など複数の手続きが必要なものの手間を大幅に削減することができます。
具体的には、イーサリアムのブロックチェーンに「買主側がETHで支払えば、売買契約から引き渡しまでを行う」という情報を紐付けておくとします。

この状態でETHを使って取引を行えば、契約時の手数料を大幅に削減し、なおかつ確実に契約でき、シームレスに契約を履行することが可能となるのです。
こうした安価で正確な契約手段は、汎用性の高いプラットフォームとしてさまざまな業界から注目を集めています。

それでは、このイーサリアムの現在の価格をチェックしていきましょう。

ビットコインに迫る?イーサリアムのチャート・価格

一体何が、人々をイーサリアムの投資へと駆り立てるのでしょうか?
5月から8月にかけ、2倍以上も価格が上昇したかと思えば、ピークの半値以下に下落するなど、激しい乱高下を経験しているイーサリアム。
2017年10月現在の時価総額は3兆2千億円と、今やシェアは時価総額9兆円のビットコインに迫る勢いで増加を続けています。

このイーサリアムの、2017年10月現在の価格は、「1ETH=34000円」。
2017年5月には約29000円であったことを鑑みると、現在も順調に上昇を続けていると見てよいでしょう。チャートは以下のとおりです。

https://gyazo.com/def6bc95f513c09e980d1056b9123587
参照:Cryptocurrency Market Capitalizations(https://coinmarketcap.com/currencies/ethereum/)

7月末から8月にかけて、ピーク時の半値以下に下落したものの、下落時に手放さなかったユーザーが多かった影響か、その後は回復を続けています。
今後も価格の推移は激しくなるものの、上昇を続けていく通貨といえるでしょう。

まとめ

イーサリアムは、ブロックチェーン上に各種契約紐付けする「汎用プラットフォームとしての将来性」が注目され、投資対象として価値の高い仮想通貨といえます。

今後も、ビットコインに迫る勢いで時価総額が高まっていくことが予想できます。長期保有銘柄として、投資してみるのもよい選択ではないでしょうか。

■ タイトル タイトル タイトル

no image

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。

テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト。